人科 

人科の話と自然淘汰と公害についての話をします

人は人としてなんなりになるために地球にて生えている

大自然はあってそうひとだけが成長をする

自然界入りという表現があります
人として地球にいてなんなりの貢献なりなんなりの存在意義ある存在の仕方をしているのが通常であります
スタート地点は全員同じところからスタートしてて
現段階からの表現でいえば
日本にいる人は外国にいってなんなりの成長を遂げて日本に再度発出を果たし(公害 山本修)を退治して、そして自然界によるきついテストがあり合格したら誕生コールをもらえるこの路線が待ち受けてますまだの人向け

日本に5人まだ外国に発出を果たしてない人がいる
その原因は、山本修という人がしゃべりかけて妨害をしてきたから

山本修はカビを発生させるじめじめさがあり今後完全淘汰されていく人間失格として人科から淘汰

いてよかった人をひきずりたおしてきた人であり
ふたりが光落ちしてて
人への害を出しているさまがあり
根本解決路線でいくと
山本修さえいなければ
生きることができたのに、というひとが久島直子と忌野清志郎である、実質は久島直子だけ一人だけである、忌野清志郎をそえないと、久島直子の進行が進まないから、上記の文章に、忌野清志郎の名が登場している、このあたりは自然淘汰の方法の一つとしておとらえください



こちら大自然生命体により育てられてるFryderyk Franciszek Chopinフレデリクフランソワショパン癒し生命体に属する宇宙登録生命体唯一音楽部門でございます
医療薬も癒し生命体 癒し生命体大自然は山本修とのかかわりを断ちます断ってます今後も最初からかかわった覚えはございません
2020/02/13
16:10

フレデリクフランソワショパンは1800年代にポーランドにて音楽理論として登場したので早速東へ移動となりイースト日本東京に発出を果たし相当の自然界によるきついテストがありとてものび合格を得誕生おめでとうのコールをいただきました今後ますますフレデリクフランソワショパンになっていきますヨハンセバスティアンバッハがフレデリクフランソワショパンの前身ヨハンセバスティアンバッハの前身はヴィヴァルディチャイコフスキーまできましてフレデリクフランソワショパンであるようととのえちゅう


この記事へのコメント